Home » Cello-Cafeブログ » 火の用心 2021.12.30(木)

火の用心 2021.12.30(木)

category : Cello-Cafeブログ 2021.12.30 

今年も残すところあと僅かになりました。
冬の寒い毎日を過ごしていると、子供の頃にやっていた「火の用心」を思い出します。冬休みに入ると夕方に子供たちが集まって班になり、拍子木を持って火の用心の掛け声とともに地域を回ります。冬の夕方はすぐに暗くなるので懐中電灯をぶら下げて歩くのですが、暗いしそして寒い。でもちょっと特別な冬のイベントという感じで思い出に残っています。
掛け声は、「マッチ 一本火事のもと」に始まり「サンマ焼いても家焼くな」とか「ガスの元栓をしっかり閉めよう」「アイロン気を付けて」などなど。当時もなかなかマッチを使う機会はなかったのですが、火の用心の夜回りは江戸時代から始まったそうなので、掛け声だけはずっと引き継がれてきたのでしょうね。

今年も一年ありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
皆様、穏やかによいお年をお迎えください。

ページトップへ戻る

Cello-Cafeブログ

今年も残すところあと僅かになりました。 冬の寒い毎日を過ごしていると、子供の頃にやっていた「火の用心
体のバランスというのはなんて繊細にできているのでしょうか。 どこかが崩れると別のどこかにも支障をきた
小学生の子たちが、メンバーを2つに分けるためにグーとパーの掛け声でジャンケンをしているのを目にしまし
ドイツ語の音階はCDEFGAH・・・「シ」だけ急にH。 そしてシに♭が付くとB。♭系はesが付く形な
『チェロの100年史』という本を読んでいます。少し前にご紹介いただいてこの本の存在を知りまして、よう
on music project

Copyright(c) 2021 チェロカフェ All Rights Reserved.