Home » Cello-Cafeブログ » 火の用心 2021.12.30(木)

火の用心 2021.12.30(木)

category : Cello-Cafeブログ 2021.12.30 

今年も残すところあと僅かになりました。
冬の寒い毎日を過ごしていると、子供の頃にやっていた「火の用心」を思い出します。冬休みに入ると夕方に子供たちが集まって班になり、拍子木を持って火の用心の掛け声とともに地域を回ります。冬の夕方はすぐに暗くなるので懐中電灯をぶら下げて歩くのですが、暗いしそして寒い。でもちょっと特別な冬のイベントという感じで思い出に残っています。
掛け声は、「マッチ 一本火事のもと」に始まり「サンマ焼いても家焼くな」とか「ガスの元栓をしっかり閉めよう」「アイロン気を付けて」などなど。当時もなかなかマッチを使う機会はなかったのですが、火の用心の夜回りは江戸時代から始まったそうなので、掛け声だけはずっと引き継がれてきたのでしょうね。

今年も一年ありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
皆様、穏やかによいお年をお迎えください。

ページトップへ戻る

Cello-Cafeブログ

暑かった夏はいつの間にか姿を消し、気が付けば秋真っただ中です。 湿度が高く過酷だった夏を、楽器にはな
「胃腸薬チェロ」という薬をみつけました。特段胃腸がおかしかったわけではなく、たまたまドラッグストアで
楽器が持つ音色っていったいなんなのでしょうか。 楽器が同じでも弓が変われば全然違う顔を見せますし、楽
チェリストのカザルスによって世界中に広まった「鳥の歌」。1971年、94歳のカザルスが国連平和賞受賞
この春は「須磨浦普賢象(すまうらふげんぞう)」という八重桜を見ました。ソメイヨシノが咲ききって、もう
on music project

Copyright(c) 2022 チェロカフェ All Rights Reserved.