Home » Cello-Cafeブログ » チェロと歩くと 2017.1.24(火)

チェロと歩くと 2017.1.24(火)

category : Cello-Cafeブログ 2017.1.24 

楽器を持って歩いたり電車に乗ったりしていると、度々話しかけられたりしますが、この間は犬や猫にまで話しかけられ・・・、いやもちろん話しかけられたわけではないですが、物言いたげな表情をされました。
信号待ちで楽器を傍らに置いて立っていたら、前方にいた散歩中の犬(同じく信号待ち中)に何度も振り返られて、そのたびにこちらを注視。信号が青になり飼い主さんがリードを引っ張って犬を促すのですが、ちょっと行きかけてまた立ち止まって振り返って注視、、、という動作を2、3度繰り返し、飼い主さんが「行くよ!」と犬に声をかけて半ば強引に引っ張り、ようやく歩いて行きました。なんだったのだろう。威嚇されてたわけでも、仲間だと思われたわけでもないと思うけど(笑)。
猫は、民家の軒先にうずくまっていて、目の前を楽器を抱えて通り過ぎたら、上から下までジロリジロリとゆっくり眺めまわされました。このときはこちらもなんとなく歩調を緩めて歩いたので、猫の方も何か気になったのかもしれません。チェロは大きいので、動物だって気になるんでしょうか。
しかしチェロがもう少し小さくなると持ち運ぶのに楽なんだけど、とたまに思います。ネックが抜けてコンパクトに収納できるとか。まあケースを開けて本当にネックが抜けてたら、そんな恐ろしいことはないのですが(笑)。

ページトップへ戻る

Cello-Cafeブログ

最近急に冷えてきました。11月も半ばですから日に日に冬に近づいているということでしょうね。 先日、友
先日、1年半ぶりくらいにお会いした方に思わず「髪型変わりましたね!」と言ってしまったのですが、私が前
少し前に「フウセンカズラ」の種をいただきました。 くださった方の庭先に植えられているフウセンカズラが
街路樹として「シマトネリコ」という植物が植えられている通りがあり、ふと見上げてみると黄緑色の葉のよう
先日、バロックチェロとヴィオラ・ダ・ガンバを弾く機会がありました。 バロックチェロはエンドピンがない
on music project

Copyright(c) 2017 チェロカフェ All Rights Reserved.