Home » Cello-Cafeブログ » 卵の殻 2014.6.20(金)

卵の殻 2014.6.20(金)

category : Cello-Cafeブログ 2014.6.20 

IMG_0221

すごくどうでもいい話です(笑)。
生卵を割ろうとしたら、殻の内側にある薄皮が分厚かったのか、殻だけがはがれて薄皮が残りました。
ちょっとテンションが上がって、薄皮を破らないように半分ぐらい殻をむいていき、、、ちょっと奇妙な感じになってきました。
いよいよ薄皮も破れるかと思って、めくれかかっていた薄皮をそーっと引っ張ってみたら、なんと、さらにもう1枚薄皮がむけて、極めて薄そうな皮が残りました。

調べてみたら、あの薄皮は「外卵殻膜」と「内卵殻膜」という2枚の卵殻膜がくっついてできているみたいです。もしかしたら昔、生物の授業で習ったかもしれません・・・。でももう忘れていました。カラザ(黄身にくっついている白い糸状の物体)が卵白の一部で、卵ができるときに捻られてカラザになる、っていうことを習った覚えはあります。(ウソだったらごめんなさい)。
それにしても生卵で、2枚の膜の存在を確認できたのは初めてでした。

その後ほどなくして薄皮は破れ、無事に卵料理にありつくことができました。

ページトップへ戻る

Cello-Cafeブログ

最近急に冷えてきました。11月も半ばですから日に日に冬に近づいているということでしょうね。 先日、友
先日、1年半ぶりくらいにお会いした方に思わず「髪型変わりましたね!」と言ってしまったのですが、私が前
少し前に「フウセンカズラ」の種をいただきました。 くださった方の庭先に植えられているフウセンカズラが
街路樹として「シマトネリコ」という植物が植えられている通りがあり、ふと見上げてみると黄緑色の葉のよう
先日、バロックチェロとヴィオラ・ダ・ガンバを弾く機会がありました。 バロックチェロはエンドピンがない
on music project

Copyright(c) 2017 チェロカフェ All Rights Reserved.