Home » チェロ教室のご紹介 » 尾﨑 達哉(おざき たつや)先生  兵庫県明石市

尾﨑 達哉(おざき たつや)先生  兵庫県明石市

category : チェロ教室のご紹介 2014.10.15 
IMG_1081

尾﨑達哉先生プロフィール

8歳からチェロを始める。
兵庫県立西宮高等学校音楽科卒業、愛知県立芸術大学音楽学部卒業、京都市立芸術大学大学院音楽研究科修士課程修了現在は関西を拠点にフリーランスとして活動している。

♪尾﨑達哉先生に9つの質問にお答えいただきました♪

1.楽器はいつどのようなきっかけではじめたのですか?
8歳から始めました。父が趣味でチェロをやっていて、それを見て「やりたい」と言ったらしいです。僕自身は覚えていないのですが…。
チェロはヴァイオリンに比べて知名度が低いと思うんですが、そういう“一般的に知られていない感じ”に惹かれた記憶はあります。初めてチェロを見た時は“大きいヴァイオリン”を足で挟んで弾くというスタイルに衝撃を受けましたね。元々ピアノをやっていましたし、父は学校の音楽教師で、母はエレクトーン講師をしていましたから、音楽は常に身の回りにありました。

2.普段はどのような活動をされていますか?
フリーランスでオーケストラや室内楽などの演奏活動をしたり、チェロ講師をしています。

3.出身地はどこですか?
兵庫県明石市です。

4.どんな子供でしたか?
泣き虫で、よく泣いていましたね。

5.好きな作曲家や曲を教えて下さい。
リヒャルト・シュトラウスのメタモルフォーゼンが好きです。悲しい曲なんですが、すっごくいい曲で、僕はこの曲の全て余すところなく好きなんです。
僕の場合、好きな“作曲家”がいるわけではなく、「この人が作ったこの曲が好き」というように、ピンポイントな感じです。

6.好きな、或いは影響を受けたアーティストはいますか?
僕の恩師です。今まで何人ものチェリストの演奏を聴いてきましたが、その恩師の演奏を聴いたとき、生まれて初めて本当に感動したんです。僕にとって憧れのアーティストでもありますし、尊敬できる師匠です。

7.生徒さんを指導するにあたって気を付けていることはありますか?
生徒さんの話をまずよく聴くことですね。うまく弾けずに悩んでいる生徒さんがいらっしゃったら、生徒さんの話を聴いた上で、どうしたらよいかを考えます。それから発表会で弾く場合に緊張して途中で間違えてしまったりすると、それがトラウマになってしまうかもしれないので、そうならないように発表会間際の練習では敢えてスパルタで指導して(笑)、生徒さんが自信を持って舞台に上がれるようにしています。スパルタ指導する時は「発表会が近いのでスパルタでいきます!」と、ちゃんと生徒さんにも公言していますよ(笑)

8.先生にとってチェロはどのような存在ですか?
楽器を持っていないとそわそわしますね。持っていないと何か忘れ物をしたような気になる、常に隣にあるものですね。

9.これからチェロを始められる方にエールを!!
趣味でチェロをやるのは楽しいです。1曲演奏できた時の達成感は、大きなものがありますから、頑張りましょう!

尾﨑達哉先生に習いたい方は・・・

○尾﨑音楽教室 和坂教室 (兵庫県明石市和坂  JR西明石東徒歩8分)
○尾﨑音楽教室 西新町教室 (兵庫県明石市西新町  山電西新町北徒歩5分)

尾﨑達哉先生に習いたい方、ご質問等は、
尾﨑音楽教室 atuko-o@k3.dion.ne.jp へ直接メールにてお問い合わせください。

尾﨑音楽教室のホームページ→ http://ozaki-piano-cello.jimdo.com

※プロフィール・質問への回答文の内容は2014年10月現在のものです。
※掲載中の文章・写真の無断転載を禁じます。

on music project

Copyright(c) 2014 チェロカフェ All Rights Reserved.