Home » チェロ教室のご紹介 » 市古 洋子(いちご ようこ)先生 愛知県名古屋市中区・碧南市

市古 洋子(いちご ようこ)先生 愛知県名古屋市中区・碧南市

category : チェロ教室のご紹介 2016.8.8 
IMG_28

市古 洋子先生 プロフィール

桐朋オーケストラアカデミー修了。2004年9月より4年間ハンガリー国立リスト音楽院に留学。
2009年には碧南市芸術文化ホール(エメラルドホール)にてハンガリー留学帰国記念ソロリサイタルを開催し、好評を博す。2010年3月、名古屋・宗次ホール主催の「チェロとハープの調べ」コンサートにて恩師であるオンツァイ・チャバ教授と共演。
「チェロを弾く喜びをお伝えしたい!」という思いから、2008年にいちご音楽教室碧南校を、2011年にいちご音楽教室名古屋校を開校し、チェロ講師として活動する。
2012年にフルートトリオ「アンサンブル・ミルフィーユ」を結成し、毎年、クリスマスコンサートや保育園などのイベントにて子供から大人まで、みんなが気軽に楽しめる演奏会を開催。現在は、愛知県を拠点にオーケストラや室内楽コンサートに出演する傍ら、高校や大学のオーケストラクラブなどを指導する。
イタリアにて第4回マッサフラ国際音楽コンクール弦楽器部門第1位、第20回ヨーロッパ音楽コンクールにて弦楽器部門第3位を受賞。
これまでにチェロをオンツァイ チャバ、ケルテース オットー、メズー ラースロー、毛利伯郎、室内楽を大島路子、ボトヴァイ カーロイの各氏に師事。
岡崎音楽家協会会員。名古屋市在住。

♪市古 洋子先生に9つの質問にお答えいただきました♪

1.楽器はいつどのようなきっかけではじめたのですか?
高校のオーケストラクラブでチェロを始めました。最初は陸上部に入ったんですが、体力が続かなくて1学期が終わったくらいにオーケストラクラブに入り直しました。ヴァイオリンをやりたかったのですが、チェロしか空いていなくて、それでチェロに。
ずっとクラブ活動だけでチェロをやっていて、一旦は普通の大学を卒業して就職しましたが、就職して2年目くらいに本格的に音大を目指そうと思ったんです。4年間働いた後に受験して、「桐朋オーケストラアカデミー」に入りました。リスト音楽院のセミナーを受けたときに、留学の試験があることを知って、“記念受験”しようと思って受けたら受かってしまって(笑)、留学もしました。ハンガリーで4年間勉強して帰国しました。

2.普段はどのような活動をされていますか?
エキストラでコンサートに出演したり、挙式で弾いたりもしています。教室でのレッスンがメインです。

3.出身地はどこですか?
愛知県碧南市です。

4.どんな子供でしたか?
とにかく忙しい子供時代でした。運動が好きだったので、長距離大会や水泳大会、秋の陸上大会など必ず選手として出ていました。それから小学校のクラブで金管バンドをやっていて、さらに習い事としてピアノ、そろばん、水泳、サッカーもやっていたので、すごく忙しかったです。しかも、小学校や中学校まで歩いて40分くらいかかっていたので、それだけでも大変でした。
活発というわけではありませんでしたが、「おとなしそうなのに走り出すと攻撃的になる」と言われていました(笑)。いつも通知表には“走るときみたいに速く行動しましょう”と書かれていたので、たぶんのんびりしていたんでしょうね。

5.好きな作曲家や曲を教えて下さい。
曲はバッハの無伴奏チェロ組曲が一番好きですね。でも、ハンガリーに留学しているときに先生から、「ロシアものをもっとたくさん弾きなさい」と言われたことがあります。ラフマニノフとかチャイコフスキーとか、小品でもいいからそちらの方がいいのではないかと。自分では疑問でしたが(笑)、でもとっつきやすいな、と思ったことはありますね。ドイツものよりロシアものの方が気分が乗って弾けると思う時はあります。“聴く”のと“弾く”のとでは違うのかもしれません。

6.好きな、或いは影響を受けたアーティストはいますか?
まずマイスキーですね。名古屋に毎年のように来ていた時は毎年聴いていました。あんな風には弾けないと思いますが、あれだけスタイルがしっかりして、人と違う演奏ができる、というのはすごいと思います。聴いていて面白いです。それからロストロポーヴィチもよく聴いていました。マイスキーやロストロポーヴィチは最初にチェロを持ったときから知っていたので、すごく影響を受けましたね。
それから、チェロを本気でやると決めた時から毛利伯郎先生のレッスンを受けていたのですが、やっぱり毛利先生の演奏は素晴らしいと思います。お人柄や性格的にも素晴らしいんです。すごくきめ細やかな配慮もされるし、指導していただけてよかったと思います。

7.生徒さんを指導するにあたって気を付けていることはありますか?
生徒さんが何のためにチェロを習いたいか、ということを大切に考えています。チェロを始めた理由が、ちょっとかっこいいから、という方もいらっしゃるし、アマチュアオーケストラに入りたいから、趣味として一人で演奏することを目指している方、など理由はいろいろなのでそれぞれに合わせてレッスンをしています。子供たちはだいたいスズキの教則本から始めますが、大人の方は生徒さんご自身がやりたいと思った曲から始めていきます。やり始めた曲がちゃんと仕上がっていなくても次の曲をどんどんやっていきたいという方の場合は、そのご希望に合わせてどんどん進めていきます。同じ教材を使って順々に曲をやれば楽なんですが、生徒さんの個性やご希望にあわせて様々な本を使ってレッスンしています。

8.先生にとってチェロはどのような存在ですか?
私と何かをつなぐ“縁”です。私はチェロに出会ったところから人生がすごく変わりました。会う人も、住むところも変わって、それまでの人生と全く違う人生になりました。就職してずっと愛知にいましたが、チェロをやると決めた所から毛利先生のレッスンを受けに東京へ行ったり、桐朋オーケストラアカデミーに入学して富山へ行ったり、さらにはリスト音楽院に受かってしまったのでハンガリーに住むことになりましたし(笑)。

9.これからチェロを始められる方にエールを!!
チェロを始めたら世界が変わります!

市古 洋子先生に習いたい方は・・・

○名古屋校(愛知県名古屋市中区大須3丁目37-8 ブルックリンヴィレッジ4B)/月・金・土・日曜
○碧南校(愛知県碧南市鶴見町2丁目111-1)/火・水・土・日曜
※各校のレッスン時間はいちご音楽教室HP参照

いちご音楽教室ホームページ→ http://www.ichigo-vc.com/

市古先生に習いたい方、ご質問等は、《いちご音楽教室ホームページ 〈お問い合わせ http://www.ichigo-vc.com/contact〉》から直接お問い合わせください。

※プロフィール・質問への回答文の内容は2016年7月現在のものです。
※掲載中の文章・写真の無断転載を禁じます。

on music project

Copyright(c) 2016 チェロカフェ All Rights Reserved.