Home » Cello-Cafeブログ » ラムネ VS サイダー 2014.8.18(月)

ラムネ VS サイダー 2014.8.18(月)

category : Cello-Cafeブログ 2014.8.18 

IMG_0556

暑いので(というわけではないですが…)、この夏、ラムネとサイダーを飲みました。

はて、ラムネとサイダーって何が違うんだろうと・・・。
瓶の裏面ラベルを確認すると、原材料名は変わらない。味は少し違うけれど、それはラムネとサイダーの味の違いなのか、単に製造メーカーが違うからなのかは不明。
私の根拠のない勝手なイメージとしては、サイダーの方が炭酸がきつそうで、ラムネの方がマイルドそう。

とりあえずネットで調べてみると、
ラムネの語源は「レモネード(Remonade)」
サイダーの語源は「シードル(Cidre)」(リンゴ酒)

ラムネは元々は「レモン風味」→レモンフレーバーは値段が安く“庶民向け”
サイダーは元々は「リンゴ風味」→リンゴフレーバーは値段が高く“高級品”

ラムネは、ビー玉入りの瓶に入っている
サイダーは、王冠で栓をしたりと、上記以外の瓶に入っている

結局現在では瓶の形態によっての区別のみのようで、味による定義は特にない模様。

そうなのか。

それでもサイダーじゃなくてラムネが飲みたい。

あ、もしかしてラムネの炭酸がマイルドな感じがするのは、ビー玉が入っていることで液体が一気にたくさん口に入って来ないために、ジワジワを感じにくいとか?!
きっとそう。

ページトップへ戻る

Cello-Cafeブログ

最近急に冷えてきました。11月も半ばですから日に日に冬に近づいているということでしょうね。 先日、友
先日、1年半ぶりくらいにお会いした方に思わず「髪型変わりましたね!」と言ってしまったのですが、私が前
少し前に「フウセンカズラ」の種をいただきました。 くださった方の庭先に植えられているフウセンカズラが
街路樹として「シマトネリコ」という植物が植えられている通りがあり、ふと見上げてみると黄緑色の葉のよう
先日、バロックチェロとヴィオラ・ダ・ガンバを弾く機会がありました。 バロックチェロはエンドピンがない
on music project

Copyright(c) 2017 チェロカフェ All Rights Reserved.